<<10  / 2017,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 /  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trip to Victoria (ツアー日記1)
待合わせのHYATTホテルに少し早く着いたので
ロビーにあったスタバで一服。

matibouke.png

そうそう、こっちのスタバは安い!!
ラテのトールサイズが3.64ドル
日本円で約290円也。
(ちなみに、日本のスターバックスラテのTallサイズは380円です。)

そして・・・

ちょっと見にくいけど、
こんなバスに乗ってピックアップされます。↓

tour bus

バスの運転手がガイドもこなしていました。


私はピックアップ第1番目の客。

あ、あのバスかな?と思った時には、
すでにテンションの高い運転手がこっちを見て
手を振っていた・・・



バスまで来て、乗ろうとすると、
いきなり、

「ハ~イ!君が△△(私の名前)だね!
 よろしく。僕は〇〇(←忘れた。)だよ!
 今日は一日、僕が案内係っ!なんでも聞いてくれぃ!」


っていう、アメリカのファミリードラマみたいな
超オーバーリアクションの典型的挨拶をされて、
とりあえず、乗る。

ここで、これからツアー客あと5組をピックアップして
ビクトリアに行くんだという案内をされる。




で、早くも確信した。





無理!!


ネイティブの英語、速すぎる!!



英語っていうか、キャラも無理!!




やばいって、ほんと、うっとおしいくらい、
話かけられるわけ。

どこから来たんだ?
ビジネスか?ヴァケーションか?
カナダは初めてか?
これからいくブッチャードガーデンは日本庭園があるんだけど、
すごいよ!見ものだよ!






運転しながら、
ずーーーーっとしゃべってるんだよ。
まじで凄いよ。


で、2組目が乗り、3組目が乗り・・・という度に、

「ここにいる女の子は、
 日本から来た△△(私の名前)っていうんだ!
 みんな、よろしく~ぅ!」



みたいな紹介がいちいち入る。
もう、苦笑い&ひきつり笑い。

他の観光客も、私を好奇心の目で見るし、
色んな質問をしてきた。

ほっといてほしい・・・という私の本心は、
誰も察しないのです。

そもそも、ツアーは私にとって、
効率の良い移動手段にしか考えていなかったんだけど、
(移動以外はすべてフリータイムだし)
他の観光客は、みんなでいる時は一緒に楽しい時間を過ごそう!
という感覚でいるみたい。

一緒のツアー観光客は、
ほとんどがリタイアした老夫婦。

出身は、オーストラリア、ニュージーランド、サンディエゴ、
バンクーバーに来て間もないカップル、という感じ。

そう、みんなネイティブ。
語学学校の英語とは、全然違うね。
学校では、先生もわかりやすく話そうとしていたし、
ホストマザーも、易しい英語を使ってくれてたのが良くわかった。

それまでの私は「英語話せるじゃ~ん!」って調子のってたんだけど、
鼻っ柱を見事にへし折られましたわ

まぁ、そんな大変なこともありましたが、
今、日本でこうしてブログを書けるということは、
無事に帰国ができているということ!

なんとかなるものね




まず、最初にフェリーに乗るんだけど、
少し乗る前に時間の余裕があって乗客の暇つぶしの為の
Tsawwassen Quay Market

cupcake.png

とにかくお店が全部カワイイ

ice.png

ハロウィン仕様のアイス↑

donuts.png

カラフルなドーナッツ↑


私は、可愛いカップケーキを注文。

mycake.png

でも、凄く甘すぎて、半分も食べられませんでした・・
そもそも、私は間食を滅多にしないのよね。
いきなり外国に来たからって、こんなハードルの高い間食ができるわけないの。



そして、いよいよフェリ~

feri1.png

天気も良く、気持ち良かった~

feri2.png



ビクトリアに着いて、すぐに向かった先は、
観光名所ブッチャードガーデン

garden.png

ここで、思わぬサプライズ。

あんなに、超高速マシンガントークしてきた癖に、
ガイドさんが、日本語マップを私にくれた。

gaido.png


正直、こんな内容、英語でもわかるわっ!!!
ていうか、今までのあんたの会話の方がよっぽど難易度高いわっ!

・・・という事は言わず、素直に喜ぶ(振りをする)日本人女子。

GARDEN12.png

10月という時期も良かったみたいです

GARDEN14.png

ゴミ箱もかわいい  ↓

GARDEN16.png

花もキレイ

GARDEN19.png

GARDEN20.png



…で、私的にツボなスポット発見

GARDEN18.png

ここのベンチ、イイ!!!
ロマンチック

GARDEN26.png

ベンチからの眺め↑
ステキすぎて、妄想が膨らみまくりました。

BENTI.png

絶対に2人で座るべきベンチですねっ
まっ、私は一人で座りましたが



そして、帰り際。
ん??
こんなところに、良く見る豚がいるっ!!!

GARDEN25.png

↑八重洲地下街(東京駅)にいますよ、この子。



↓ちなみに、こちらが八重洲地下街の豚

BUTA.png

調べたらね、これは、「幸運の仔豚像」というもの。

~幸運の仔豚像について~
 このブロンズ像は、イタリア・フィレンツェのウフィーツィ美術館第二廊にある
 「猪」の大理石像を模刻したものです。
 この仔豚像の鼻先を撫でると、幸運がもたらされると、言われており、
 フィレンツェを訪れる人々に人気があります




そうか、ブッチャードガーデンには、イタリア庭もあるからか!と納得。
こんなところで、通勤で良く見る豚くんに会うとは思いませんでした。
(ちょっと運命を感じたりして…)



さ~て、長くなりましたので、
続きはまた後ほど・・・






スポンサーサイト
trip to Victoria (申込)
今回、英語を使う為に考えていたマイプランの一つ。



現地でビクトリア観光のツアーに申し込むこと



海外旅行は何度もしたことがあったけど、
現地で現地のツアーに申し込むのは初体験

今回、一人旅だし、凄くやりたかったの。



「バンクーバーには、旅のインフォメーションセンターがあちこちにあるよ!」
と英語の先生が言っていたので、特に日本では何にも用意をしませんでした。

実際、語学学校の帰りにショッピングに出かけた際、
ウォーターフロント駅の近くに「 i 」の文字を発見

webサイト→Vancouver visitor center
information.png

ツアーの前日に申し込みをしました。
でも、ここはちょっと高額ツアーな気もしましたね。
まぁ、私はツアー会社を吟味してる時間はあまりなかったし、
花(?)の独身OLっていう立場を謳歌しようと思っていたので(笑)、
勢いで申し込んでしまいましたが…

tour.png

1DAYツアーで、168.75ダラー。
ちなみに、これ、税抜き価格です。

独身OL万歳。

カナダは税金が12~13%なので、
結局189ドル支払いました。

いいの、いいの、楽しめれば。
そう言い聞かせて、このセンターを後にしました。


ちなみに、集合場所は、近隣のホテル。
旅行者は、自分のホテルまでバスが迎えに行くそう。
私はホームステイだったので、
電車で行ける便利なホテル(hyatt hotel)がピックアップ場所に。



てゆーか、海外ってこんなもんなの・・・?

ツアーのタイムスケジュールがないの!!

インフォメーションセンターでは、行く場所と集合時間しか言われないわけ。
普通、日本だったら、何時に〇〇へ行って、何時に〇〇へ・・・って
案内あるよね?

インフォメーションセンターの人に聞いてもないっていうのよ。。。



結局体験したタイムスケジュールはこんな感じ↓

---
8:45 ホテル・ハイアット集合

↓ 色んなツアー客を各ホテルでピックアップ

↓ フェリー乗り場へ到着 & 休憩

10:00 フェリー乗船

↓ ランチ

12:20 フェリー下船

↓ 

13:15 ブッチャードガーデン到着

↓ ブッチャードガーデン観光

14:30 ブッチャードガーデン出発



15:10 ビクトリアダウンタウン到着

↓ ビクトリア観光

17:45 ビクトリアダウンタウン出発



18:40 フェリー乗船



20:30 フェリー下船



22:00 ホテル到着
---


長い一日でしたね。
この記事も長くなってしまったので、
この観光内容は次回に書きます。





リスト
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
キーワード

おすすめ 世界遺産 

プロフィール

triptriptrip3

Author:triptriptrip3
ココから

空間/建築
検索フォーム
素材リンク
banner_2.png fuwa_b2.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。