<<04  / 2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 /  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅行の必需品:洗濯グッツ
私が必ず旅行に持っていくもの第三弾。

下着や靴下など、すぐに洗っておきたい小物を干す洗濯ハンガーと、タオルや水着などを干すロープ。

img10104513989.jpg


開くと…

p1_02935-05.jpg


引っかけるところがない時や、干すものが多いときは、ロープが便利です。

 M000066691810203.jpg


どれも、価格は500円前後。

写真と全く同じものを持っているのですが、毎回旅行の度に「持ってきて良かったぁ!」と思います

JTBさんから出ている商品だけあって、使い勝手&持運び易さは納得です。







スポンサーサイト
2010年日焼け止め おすすめは“アネッサ”
海への旅行には絶対に欠かせないのが、日焼け止め。

私は今年も海へ行きましたが、全く焼けず、使い心地も素晴らしい、本当に感動した日焼け止めがありました。

それは、2010年のアネッサ



38282l.jpg



去年までのアネッサは、塗り心地が少し重い感じもするし、別途クレンジングを買う必要もあったし、匂いもキツかったのですが、今年(2010年)は全然違いました。

サラッとしていて、匂いも気にならなく、凄く軽い付け心地
これなら、海じゃなくても使いたいと思えたほどです。
効果も抜群!「海行ったのに、凄く白くない?」と言われました☆

これからも、私の旅の必需品になりそうです。

購入前は、@コスメの口コミも参考になりました。

あ!知らない人の為に、日焼け止めについて、注意点を。
日焼け止めを塗る時は、海やプールへ入る直前ではなく、最低でも10分前に塗るようにしましょう。直前に塗ると、日焼け止めが、身体に馴染まずすぐに海やプールで流れてしまいます。なので、どんな効果のある日焼け止めをつけても、焼けてしまいますよ。



資生堂公式商品カタログ


アネッサ
パーフェクトUVサンスクリーンAA
海、山、どこでも最強ウオータープルーフ

容量 60mL
価格 ノープリントプライス
商品分類 サンスクリーン
使用部位 顔用・からだ用
発売元:株式会社 資生堂



商品について
強力UVケア&サラサラ持続
SPF50+・PA+++

【日やけ、ダメージから肌を守る】
○肌表面近くに作用する紫外線B波から、肌の奥まで入り込み長い時間をかけて弾力を失わせる透過型A波(長波長UVA)まで、長時間、強力にブロック
 ―マルチUVアクション技術採用―
○紫外線による乾燥などのダメージから肌を守る
 ―肌保護成分 ヒマラヤ産リンドウエキス*配合― *ゲンチアナウルヌラ花エキス

【ウオータープルーフ】
○耐水性がありながら、普通の洗浄料で洗い落とせる  
 ―WP&EW技術採用―
○海やプールでも白浮きしない

【心地よい感触】
○のびがよく、皮膜感、べたつきのない使い心地で、サラサラが持続

【化粧くずれを防ぐ】
○水・汗・皮脂に強く、高いフィット感で化粧下地としても使える。

【いつでも、どこでも大活躍】
紫外線の過酷な場所や海、プール、レジャーの時など。サラサラなので日常使いも、もちろんOK。

耐水テスト済み
米国FDA試験法に則った「80分間にわたる水浴テスト(耐水テスト)」を実施し、紫外線防止効果の持続性を確認しています。

アレルギーテスト済み
(全てのかたにアレルギーが起きないというわけではありません。)

旅行には絶対必要 “防水デジタルカメラ”

旅行には絶対必要「防水デジカメ」

この記事は、私の旅の必需品になっている防水カメラについてです。
→防水カメラ買おうか迷っている方、絶対買った方がいいです。
→防水カメラなんて、全然興味ないけど、旅行はする方、ちょっと見てってください。
→もうすでに防水カメラを持っている方、こんな記事、読まなくていいです(笑)

まぁ、色々能書きをかくまえに、こんな写真が撮れるので是非♪と、まずは実際の写真を載せることにします。

BlogPaint
この時は、全然顔を濡らすつもりもなかったんですけど、

BlogPaint
写真を撮っていたら、後ろから波がきて、思いっきり潮飲みました・・

miyakojima 172
こんな写真も、普通のデジカメじゃ絶対無理!!


そんな写真、使い捨て防水カメラで十分と思った方もいらっしゃるかと思いますが、意外とデジカメに慣れてしまった人は、こんな失敗をしてしまうんですっ。(自信ありっ)

理由その1)シャッターチャンスを見抜く感度が欠如している
理由その2)撮りたいと思ったときに、使い捨てカメラのフィルムが無くなっている
理由その3)ビーチではしゃぎ過ぎて、濡らさないはずのデジカメが水没・・
理由その4)事前確認ができない為、いらない写真まで現像することになる
理由その5)ツアー中にほしくなると、高額を覚悟しなければならない

まぁ、私が経験した失敗談なんですけどね。。。

私も、バルセロナで以前使っていたデジカメが盗まれたことがきっかけで(オイッ)、防水デジカメを購入したんです。

すると、忽ちその良さがわかりました。
なんてったって、

水しぶきや雨、全然気にしなくていいんです

あたりまえですが、コレ、めちゃくちゃ快適
持った人にしかわからない快適さだと思います。

しかも、一昔と違って、今はかなりコンパクトサイズ。
多少重くはなりますけど、まぁご利益ハンパじゃないので、全然きになりません♪

今、複数メーカーで続々と防水カメラ出ていますよね。





リスト
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
キーワード

おすすめ 世界遺産 

プロフィール

triptriptrip3

Author:triptriptrip3
ココから

空間/建築
検索フォーム
素材リンク
banner_2.png fuwa_b2.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。